美術品の買い取りについて【生前整理でよくあるご質問】

以前にわたしの
「生前整理セミナー」を
ご受講してくださった方から
お問合せがありました。


「生前整理を始めてるのだけど
器や絵画がたくさんあります。
これってお金になりますか?」


このようなご質問は
気になるところでしょうし
実際にセミナーでも
よくあるご質問ですので
ご参考までに記しておきます。


ずばり 

 「見てみないとわかりません」 

 つまり査定が必要です。 



 ただし、主観としてですが 

 数十万のものでも
よほど著名な作家さんでない限り
買取金額はかなり厳しいと
思っておいたほうがいいように思います。


数万円のものなら
数百円になることはざらです。 

買い取り金額がつかず
無料引き取りになる場合も多々あります。




特にわたしの住む瀬戸市では
陶芸作家物が多く出回っています。


とても素晴らしい技法ですし
優れた作品だと思いますが
値がつきにくいことも多いのです。 

(絵画についても同様です)

そこは覚えておいたほうが
ショックが少ないかもしれません。 



それがどれだけ良いもので
どれだけ高かったか理解していても
それを欲しがる人(ニーズ)が少ないと
買い取り金額は低くなります。 

そこを覚えていてほしいと思います。


↑ここまで有名だと話は違うんですけどね・・・ 。

作者不詳であっても歴史的に見て珍しいものは

価値がでる場合もあります。


余談ですが大人気番組の

「出張鑑定」は

税務署が録画して相続の時に

指摘されることがあるらしいです・・・。

とあるセミナーでお聞きしました。




また
業者によっては
査定に出張費がかかったり

怪しい業者になってくると
貴金属を要求してくるケースも
多々ありますので 

業者選びが重要になってきます。 


どこの業者かわからないまま
チラシをみて
気軽に家に招き入れ
査定をしてもらうのは
お勧めしません。


 気づかないうちに

盗み取られるケースもあります。 



 買い取りをご検討されている方は
一度お問合せください。
↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/862e6962362286


業者にもそれぞれの専門分野や
強みがありますので
最適な業者をご紹介させていただきます。  

何百点もの作品を
保管されている方が
特に男性に多く見受けられます。


査定額をきいて
ショックを受けそのままにされている
ことも多々あります。


これでは宝の持ち腐れではないかと思うのです。


 選択肢のひとつに

 「ぜいたく品をあえて日常で使う」 

 というものを加えてみてほしいと思います。 



昔お会いした
ある作家さんは
(器ひとつが数十万〜数百万で販売されていたり

公共施設などで作品展示されている方です)


「飾るより使ってほしい」
とおっしゃっていました。


もちろんいろいろな
お考えがありますので
無理にとは申しませんが 


飾ってよし

使ってよしで

生活をより豊かにする方法も
あるのだということを
覚えていていただきたいと思います。



 ご相談・お申し込みはコチラ
↓↓↓
お問い合わせ

【愛知・瀬戸/名古屋近郊】お片づけとお掃除のヨロズ屋さん「HAPPYおそうじコンシェルジュ」 生前整理・遺品整理・清掃代行・リサイクル・片づけ・講師業

「HAPPYおそうじコンシェルジュ」とは、お片づけのヨロズたまわり係。 お部屋のお片づけサポート・清掃代行・出張講師など、幅広く対応させていただきます。 近年増え続ける「生前整理」「遺品整理」に対応するため、「終活コンサルタント」として「終活」支援、普及活動もしております。 法令遵守の提携会社とともに、お客様のお困りごとに真摯に対応いたします。 まずはお気軽にご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000