遺品整理レポ(あるとき急にふりかかる親族のお片づけ)中編

今日は壮絶な 遺品整理のレポート(中編)です。 このような案件は 増えてきており クライアントさまのご理解を得て 公開させていただきます。 前編はコチラ ↓↓↓ 「遺品整理レポ(あるとき急にふりかかる親族のお片づけ)前編」 こういった深刻なケースを 引き起こさないためにも 生前整理の必要性を これからも草の根的に お伝えしていこうと 気持ちを新たにしました。

クライアントさまは 県外に住む30代の男性で 叔父の訃報を聞き 愛知県にやってきました。 この壮絶な遺品整理だけでない 様々な手続きや作業が このクライアントさまの肩に 急にのしかかってきたのです。 ご縁があり ワタシに片づけを含む サポートのご依頼がありました。

遺品整理も十人十色。 思い出と語り合いながら ゆっくりと・・・ というのが 一般的なイメージかもしれません。 ですが、このクライアントさまのように 遠方に住んでいる方は 仕事がオフの日にわざわざ 電車を乗り継ぎ 現地にきて片づけなければなりません。 ましてや今回は お写真のからお察しいただける通り 大量のモノが内にも外にも 積み上げられていました。 それをひとりでこなすのは 到底不可能です。 できたとしても 何年かかるでしょうか? その間に かなり消耗してしまいます。 時間も 体力も 金銭も 精神も 実際に片づけの最中に 脳梗塞を発症してしまった方に お会いしました。


 片づけは時として 命を奪いかねない 深刻な事態を引き起こす こともあるのです。


 こういった場合は ワタシは迷わず業者を おすすめします。 あまり詳しくは書きませんが 業者選びはとても重要でもあります。 詐欺まがいの業者は たくさんありますので ケースに応じた片づけを 必ずご提案いたします。 どうか迷わず ご相談いただけたらと思います。 ↓↓↓ お問い合わせ

今回のケースは 間違いなく時間と労力と 精神力が果てしなくかかります。 提携会社大橋運輸 のみなさまにお願いし 作業員さん10名 13t分のトラック配備。 朝から夕方までの 大作業となりました。

衛生面もとてつもなく 虫・ネズミ・ヤモリ 糞やゴミや土が 散乱する中での作業。 手際のよいみなさまに支えられ どんどん片付いていきます。 作業は1日で終わらせると 費用が安く済むのです。 何日もかかってしまうと 費用面でも 負担が大きくなってしまうのです。

こういったものが でてきました。 中身は硬貨でした。

中国の紙幣かな? 出てきた現金はその場で クライアントさまにお返しします。 この他にも 相当な額の現金が でてきました。 その額で十分 今回の作業代が捻出できるのです。 こういったことは 本当によくあるので 業者に頼むときは 信頼のおける会社を 選んでいかなくてはなりません。

床が見え始めました。 お昼の休憩に入ります。 ここでブログも一旦切ります。 まだまだ続くレポ。 後編につづく。 

【愛知・瀬戸/名古屋近郊】お片づけとお掃除のヨロズ屋さん「HAPPYおそうじコンシェルジュ」 生前整理・遺品整理・清掃代行・リサイクル・片づけ・講師業

「HAPPYおそうじコンシェルジュ」とは、お片づけのヨロズたまわり係。 お部屋のお片づけサポート・清掃代行・出張講師など、幅広く対応させていただきます。 近年増え続ける「生前整理」「遺品整理」に対応するため、「終活コンサルタント」として「終活」支援、普及活動もしております。 法令遵守の提携会社とともに、お客様のお困りごとに真摯に対応いたします。 まずはお気軽にご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000