自己紹介(INTRODUCTION)




お問合せ・お申込みはこちらのフォームメーラーからご連絡くださいませ。

↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/862e6962362286



大阪府生まれ。


某大手生保の収益管理事務・某大手メーカーの営業事務・某大手人材派遣会社の営業・某大手自動車メーカーの営業・某大手メーカーの貿易事務などを経て、家族の転勤を機に愛知県に転居。同時に、妊娠・出産。

仕事を辞め、どっぷりと子育て奮闘期に突入。


自身が全く片づけられないタイプだったため、慣れない土地、子育て、支援者なしの状況で、片づけもできず荒れた部屋の中で、自己肯定感ゼロの日々を経験。


「片づけられなくて自分を責める方の手助けがしたい」と一念発起し、2015年3月に開業。

片づけのヨロズ屋稼業で様々なケースを経験。

これまでの対応件数は、のべ800件以上。


近年深刻化している「生前整理」の現場で、親の生前生前整理をしている最中に、過労とストレスから脳梗塞を発症してしまった40代男性の依頼を受けたことをきっかけに、生前整理の必要性を強く感じるようになる。


「片づけが命を奪いかねない」そんな壮絶な現場を経た数々の経験を活かして、自主的に「生前整理講師」を始める。

「終活」に関する、当事者及び家族の漠然とした不安や、リアルなお困りごとを解消すべく「終活コンサルタント」としての活動も開始。

現在は多くの企業や団体、行政からの要請を受け、全国で終活講演を実施している。

名だたる著名人、アスリートも所属する「講演依頼.com」認定登録講師でもある。



・・・・・・・・・・・・・


●提携会社「大橋運輸株式会社」主催の「しあわせ終活フェア」企画・プロデュース実績あり。

「中日ホームニュース」にも掲載いただきました。


「生前整理」「エンディングノート」「自分史」の3講座が、「瀬戸市介護予防事業」・「瀬戸市生涯学習補助事業」にf採択されました。


●北海道豊富町主催「生涯現役塾」招待講師として終活講演実績あり。

稚内市・幌延町でも終活講演を実施。(計12回)

現地メディア「日刊 宗谷」に掲載いただきました。

「生前整理」「エンディングノート」が「豊富町在宅医療・介護連携推進事業」・「豊富町町民普及啓発事業」「幌延町在宅医療・介護連携推進事業」・「幌延町町民普及啓発事業」「稚内市協働のまちづくり活動支援事業」に採択されました。


●地元RADIO局「Radio SANQ」にゲスト出演6回

●地元ケーブルTV「グリーンシティケーブルテレビ」の「トコトン!」にゲスト出演

●地元ケーブルTV「グリーンシティケーブルテレビ」の「グッジョブ!せと・しごと塾」出演


●ティア新瀬戸店と提携し「エンディングノート勉強会」開催実績あり。


●株式会社ファーストプレイス主催「シニアライフセミナー」で生前整理・エンディングノート講師実績あり。


中日ホームニュースでセミナー掲載実績あり(3回)

中日新聞でセミナー紹介掲載実績あり。

●北海道新聞「日刊宗谷」にてセミナー取材掲載実績あり(3回)


●キャリア講師として、瀬戸市の中学校にて臨時講師実績あり(2回)



Facebook

Instagram

happy_osouji_concierge_saeko

愛知 名古屋【HAPPYおそうじコンシェルジュ】片づけ•講師•終活•家事代行 https://instagram.com/p/BcrntwngkRA/

投稿1.38K件フォロワー569人300人をフォロー中

Instagram

その他の取り組み

NPO法人「せとルネッサンス」理事。木金土のみ営業の「ギャラリーカフェ らくだう」(せとルネ拠点)にてEM販売もしております。

環境に優しい「EM」を用いたお掃除なども提案しております。

写真は毎回変わる、カフェのお花。

カフェ中で行うイベントスタッフもしております。

先日行った東山魁夷の絵とピアノ、笛、ドラム、ヴォーカルがMIXされたJAZZライブ

「KAIIを奏でる」は秀逸でした。

プライベートでは、神社仏閣巡りを行っており、

氏神様の清掃活動も積極的に行っております。

自分の原点を振り返るお参りの時間が大好きです。

クライアントさま宅の氏神様にも必ずご挨拶をするよう心がけております。

「終活」をテーマに、様々な取り組みを行っています。

「エンディングノート」「生前整理」「自分史」の講演会を不定期で開催していましたが、最近では企業様や役所様、葬儀社様、お寺様等に招致いただき講師をさせていただいております。

終活講演は広がりを見せ、様々な市町で各種事業に採択されております。(詳細はトップページへ)

「終活」の暗いイメージを払拭すべく、意識改革から取り組みます。

「明るい終活」が理想です。